エリアで決めるのもあり|葬儀社の正しい決め方

女の人

葬儀の種類と特徴

男女

家族葬が人気

昔の葬式は通夜から葬儀を行い、火葬して法要を行う流れで行ってきましたが、最近では様々な形式で葬式が行われています。永和で行われることが増えている葬式が家族葬で、家族や親戚を中心とした親しい知人だけで葬儀を行います。家族葬を行うメリットは参列者が親しい人ばかりなので、落ち着いた雰囲気の中で故人とのお別れができる事です。永和で家族葬を行うときには、小型の斎場や自宅を利用することが多く、最近では家族葬を行うための施設を常設する葬儀社が増えています。一般葬は昔ながらの形式で行われる葬式で、亡くなった故人の友好関係が家族や親戚だけでなく、会社や友人など多岐にわたる時に行われるスタイルです。一般葬は古くからあるスタイルなので、参列者にとっても違和感なく故人の見送りをする事ができます。永和で一般葬を行うときには、大型から中型の斎場を利用する事になり、参列者の数も数十名程度から数百名と様々です。永和で近年増えている葬式が火葬式と呼ばれるスタイルで、必要最小限の葬儀を行う事ができるため、費用が安くなります。火葬式で葬式を行う場合には、会場を使用しないケースもあり、そういった時には火葬後に食事会を行うことが多いです。火葬式は通夜や葬儀を行わずに火葬をする事になりますが、お坊さんに読経してもらう事はできます。火葬式のスタイルで永和の業者に依頼するときには、後から親族でトラブルにならないように、事前に親族や友人に連絡を入れておくことが大切です。